うずらまん「ぎょぎょ〜む日誌」

おはようからおやすみまでできるだけ楽しくと願う、うずらまんの日記。

ウクレレと河原を自転車で

▼朝から昼間にかけてはダラダラと過ごす。天気もまずまず。薄曇りでけっこうさわやかな日である。
 しばらく覗きに行っていなかった、@niftyのパティオ[香港フリークホームパーティ]へ行ってみる。二カ月ほど御無沙汰していただろうか。未読ログは100と少し。このパティオの全盛期なら一日で溜まった量である。このパティオのマスター、香港フリーク斎藤さんが六月になんと仕事を辞めて、独立するという話になっている。ウッソ〜! 斎藤さんは某大手印刷会社のゆくゆくは社長になるかもというような立場の人であった。それが華麗なる転身である。すごいな〜、勇気あるなぁ。カッコイイなぁ。真似できないなぁ。
 家中に掃除機をかけた。特に意味はないが、たまにはそういうことをしたくなる日があるのだ。
 夕方、ヒヨコと一緒に自転車で出かける。淀川の堤防を散歩だ。Leica M6を内田ユキオ式に斜めたすきがけにして。河川敷の公園では犬を連れて集まる人たち、クラブ活動か文化祭準備の帰りで群れている高校男女、モトクロッサー、上半身裸ランナー、謎の全身赤カッパおばちゃんなど様々な人間模様が展開されていた。
 ヒヨコがスイスイこいでいくので、僕は手放しで自転車を走らせながらフィルムチェンジを行ったりする。半分曲芸である。おかげで、ISO100のフィルムが入っていたのに気づかず、次の400も100の設定で撮ってしまった。
 自転車を停めてしばし休憩。ヒヨコはオベーションの赤いウクレレを取り出して、チャンチャカ弾く。
 帰りにいつもの写真屋さんにフィルムを出す。時間的には今日中って言っても上がってくる時間だったが、たぶん取りに来るのが面倒になるだろうと思ったので、明日でいいと言っておく。
 夜、子供たちと、また『アメリ』を観る。途中まで。ちょうどアメリが食料品店のオヤジに正義のいたずらを二度目に仕掛けるところ。眠くなったので続きはまた後日。画面を構成する色が素敵だ。黄色や緑のフィルタを使っているようだ。二度目だと細かい点もいろいろと気づいて面白い。この映画のCGの使い方はとてもさりげないがうまい。捨てられた金魚の“クジラ”が川の中で泳いでいるシーンなどはCGと気づかない人もいるだろう?